GoogleMapAPIの機能が有料化!無料でgooglemap 埋め込みする方法

こんにちは。ドルフィンです。

皆さんのサイトにはGoogleMapが埋め込まれていますか?

実はGoogleMapはサービスが大きく変更されています。

今回はその内容について紹介していきます。

有料化されたGoogleMap API 簡単な料金制度の解説

GoogleMapAPIは無料で利用できていたのですが

2018年6月11日より、GoogleMapAPIが有料になりました。

具体的には、「ルート案内」「ストリートビューモード」「検索モード」などの機能を追加しようとすると課金対象になります

料金表の詳細がこちらになります・

料金表  |  Google Maps Platform  |  Google Cloud
料金リスト

読み込み無制限という記載があるものは、【Mobile Native Static Maps】【Mobile Native Dynamic Maps】【Embed】の3種類です。

これらの機能はgoogleMapを表示するための基本的な機能です。

要約すると、普通にGoogleMapを埋め込むだけであれば、これまで通り使える。という事です。

しかし、GoogleMapAPIが課金制度になってしまった事により、GoogleMapAPIの取得にはGoogleアカウントだけでなく、クレジットカード情報や個人情報が必要になります。

簡単にGoogleMapを埋め込む方法【登録不要】

googlemapの埋め込みをするためだけに、わざわざそこまで登録するのはちょっと敷居が高いかなと思います。

そこで、他の埋め込み方法を紹介します

<iframe src="https://maps.google.co.jp/maps?output=embed&q=東京駅"></iframe>

このようにiframeタグを使えば、現在は埋め込みが利用可能となっています。

ちなみにパラメーターを指定して付けることで、少しだけ詳細を加えることも可能です。

<iframe src="https://maps.google.co.jp/maps?output=embed&hl=ja&z=17&q=東京駅"></iframe>

&で繋げてパラメーターを設定することができます。

例えばz=17 とは、ズーム倍率のことです。

ここの数値を変更することでマップの初期表示の拡大倍率を変えることができます。

他にもいくつかのパラメーターが存在しています。

q=”東京駅” 指定したい場所
z=”17″ ズーム倍率
t=k マップ表示方法の設定

デフォルトはmで、マップ表示

t=Kを加えると空港写真

pで地形図

ll=35.670821,139.702726 マップの中心座標を設定

カスタマイズ性の高いマップを作るためにはGoogleMapAPIが必要です。

もし、GoogleMapについてもっと調べたいという場合などは、料金制度を把握した上で登録してみるのも良いかもしれません。

今回は以上となります。

ここまでご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました